« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

閉園中のビューパーク玉川

Scan10054

18年3月30日 晴れ

今日は寒かったですねえ。大阪も桜開花宣言でたけど、寒波が戻ってきて、週末は桜まだもう少しあとになりそうです。 で、シーズン終わったはずなのに、はずなのに、ハチ北にスキー行くことに決定しました。ってイウホドモナイカ(笑)

この時期になると、一昨年まで四国愛媛県玉川町(現在は今治市)のビューパーク玉川さんを思い出します。新聞に紹介されてから、僕は何年か毎年といっていいほど、この時期だけ通った場所です。事前に電話で確認して、それにあわせて、金曜日夕方姫路を車ででて、深夜にビューパーク玉川さんにつくと、そらもう、菜の花の甘いにおいが~。。

ここで人気ブログランキング↓にクリックお願いします。

http://blog.with2.net/link.php?194734

閉園して二年目の春を迎えています。今日、玉川支所観光課に電話して聞きました。種が落ちて、菜の花はばらばらとそれなりに咲いているようです。桜はまだつぼみです。昨年もいこうと思って電話して閉園をしり、ショックでとても行く気になれませんでしたが、今年はこの景色はないにしても、確認したい気持ちいっぱいです。

Scan10089_1

Scan10082              

僕は、開園前にいつも早朝撮影していると、経営者のじいさんが車でまわってきて、楽しそうに話しかけてこられたことを思い出します。 聞くところによるとまだお元気そうで、ぜひ、何らかの形で再開してほしいと切におもっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本一大きいクレーン 

IMG_1875

18年3月25日 晴れ

とても写しきれませんでした(汗) 

18年春、JR山陽本線高架切替に伴い、大将軍橋を撤去するためにやってきた日本一大きいクレーンです。姫路駅があるために、姫路はお城側と南側税務署市役所商業施設などとの交通が遮断され、不便な町でした。 お城側は駐車場料金も観光地並みで、南側は競争原理の働く自由社会みたい(笑)だったのですが、少しは解消されるかも~。このクレーン、大きいですよ。また、最後の山陽本線の列車を見ようと地元のおじさんおばさんはもちろん、鉄ちゃん(鉄道ファン)もカメラぶら下げて、このクレーンや線路の周りに集まってきていて、工事のおじさんもそれを知ってか、あまりうるさいこといわないで工事現場にいれさせてもらいました。 

ここで人気ブログランキング↓にクリックお願いします。

http://blog.with2.net/link.php?194734

この列車と奥のクレーンの間↓の高架部分が、新しい山陽本線です。

IMG_1894

これのブログアップしている日曜日はもう工事終わって、この列車は上の線路を走っているはずですが、まだみにいっていませ~ん。

さあ、ぼちぼち桜が気になる週末となりました。週末はどこの桜見ようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪で一番早い桜

IMG_1859

18年3月22日 曇りのち雨

志賀高原でスキーして、帰ってきて休み明け、机の上に郵便物整理そのままに大阪に研修に出かけてきました。その帰り、いつものように???IBS石井スポーツさんからくじ引き券があったせいもあり、梅田に地下街を抜けて、上に出たところに出会った風景です。ちょうど石井スポーツさんの店の前あたりです。

ここで人気ブログランキング↓にクリックお願いします。

http://blog.with2.net/link.php?194734

僕の知っている限り、大阪で一番早く咲いてくれる桜だと思います。まだ関西では桜の開花宣言でていないでしょ?後ろに見えるビルはマルビルさん。石井スポーツさんのくじ引きははずれでして(汗)、といっても、レスキューシート?みたいなものもらった。お店の山道具、なにかかわっていないかチェックして、そのあと、登山靴のクリームとアルファ米を買って帰ってきました。 カメラのお店も行きたかったけど、ちょっと我慢??していかなかったのよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道新から 夜行特急利尻  

18年3月21日 雨のち曇り

確定申告終了した15日夕方から志賀高原にスキー出かけてきました。帰ってきたら、友達から北海道新聞の記事が。3月18日土曜日夕刊 さらば夜行特急利尻  新聞記事は著作権の関係上、削除しております((^^)) ドーモ、スイマセン。まえに特急利尻が季節運行となるよねって、コメント頂いていました。  特急利尻になってからは1回くらい?は乗ったかも知れませんが、僕のイメージは急行利尻ですよねえ。1719メートル、日本百名山の利尻岳には3~4回くらい登った覚えがあります。いまの皇太子さんが山好きでして、この山も登られたので、そのときに非難小屋があたらしくなりました。で、僕は次の時に喜んで登って泊まっていたら、日航のおすたかやまでの事故をここで聞いた思い出があります。(また、あいまいな記憶で書き込みしているので間違っているかも~) 当時は、非難小屋だけで、トイレがなく、少し離れた場所にいろいろ散らかってます。

ここで人気ブログランキング↓にクリックお願いします。

http://blog.with2.net/link.php?194734

そのあとで山ブームがきて、大雪にかようようになってから、僕は登っていないのですが、さて、いまはトイレができたのでしょうか? 今年は僕も皆さんも、ポケットティッシュは水に流せるのをもっていこ!  

志賀高原、スキーしてるときは、天気良くなくて、山風景写せなくてすいませーん。

帰る日にはれてて、除雪車写したよ。もう何年も前に除雪車に乗せてもらえる機会があったけど、断っちゃったのを、いま後悔してます。ああ、なんであのとき乗らなかったのか。。

IMG_1853

| | コメント (0) | トラックバック (0)

※樹氷※ クテクンベツ川上流

IMGP6870sp

18年3月14日 晴れ(雪ぱらついた) 

明日15日は、確定申告最終日です。といっても、サラリーマンの方が還付申告医療費控除でされる場合は、なにも急いで15日までに出さなくてもいいのもあります。4月だって5月だって、申告出来るのですから。 とはいうものの、税理士事務所にとっては、15日を境に仕事が一段落します。

ここ3日ほど仕事に追われていて、送って頂いた友達写真がたまってきました。(汗) もち、北海道シリーズで、今回は、いつも紹介している武佐岳の麓にあるクテクンベツ川上流の1000メートル付近の風景です。前日雨だったそうで、そのあと、いっきに冷え込むと樹氷ができます。ちょっとスキー場に似ているけど、圧雪もなければリフトもありません。彼が、ここにどのようにして行ったのかは皆さんで推理してもらうとして、北海道のNHKローカル番組では、クテクンの滝がちょっと紹介されたそうです。

ここで人気ブログランキング↓にクリックお願いします。

http://blog.with2.net/link.php?194734

冬、寒いところでは、滝が凍るのはアタリマエ。 では、その滝は氷の固まりなのか?クイズ番組にでもでてきそうな問題ですよねえ。 滝ということは、その滝にはいるまえの川も凍っているのか?? ならば、川の水はながれないのか?ということになりますが、そうではありませんよね。  クテクンの滝の裏側からの写真一枚を紹介しましょう。

IMGP7018sp

何枚か送ってもらった写真で、一番立体感があったのを選びました。奥の白い部分が凍っている滝です。 手前も半分?凍っている滝ですね。滝の柱の中は水が流れていて、氷柱ではなく氷管だったのでした。

ちょっと重たい写真がつづいたので、軽い写真も紹介します。網走湖のアザラシさん。

IMGP6787sp

昼寝かな。もう少し小さいラッコクラスだと大騒ぎになるけど、北海道、それもアザラシあたりなら、ざらにいるし、嫌われ者だっけ?地元の人なら、あまり興味もないことでしょう。 なんやかんやといっても、北海道は大型動物見れますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★ 蒸気機関車走っているよん

DSC_0012227-3

18年3月10日 曇り

皆さん、確定申告は提出されましたか? 昨日、たまっていた申告書関係を出してきました。あとは、いつも遅いところ2-3件がのこります。14日ぎりぎりまでして、15日あきらめて申告書完成提出となりそうですね。

ということで、今回も友達の写真でお送り致します。

場所はどこだか分かりますか??もち、北海道です。釧路と標茶の間を臨時運行しています。坂道のカーブ、SLは煙をはいてこちらに。。。。。 

僕が小学生になるまでにうちの近所でも、蒸気機関車が走っていました。中学生になると、もう北海道にしか走っていなくて、写真部の友達は、SL写しに北海道にいったようで、とってもうらやましかったことを思い出します。その5年くらい?さきに北海道に僕は、はいることになりました。そのころには、とっくにSLなくて。。でも、国鉄と呼ばれていた頃で、まだ、元気ありましたよね。

ここで人気ブログランキング↓にクリックお願いします。

http://blog.with2.net/link.php?194734

これは中標津空港です。いま、北海道に列車で入る人はお金持ちだけ(笑)

DSC_0072094-1

僕も、何年か前まで航空機で道内にはいっていました。ここの空港も木の香りがして好きなのですが、東京経由してはいるとやはり航空機代高いですよねえ。列車がきていない中標津でも、飛行機がとんでいるのは、いかにも北海道らしくておもしろいかな。後ろの山は、武佐岳です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕焼け 摩周と雄阿寒

DSC_0030125

18年3月5日 晴れ

今日も暖かい日でしたね。このまま春になるのかな?皆さん、鼻の調子はいかがでしょう?僕は、仕事しながら、グスグスと。

遊びに行けないので、今回も代理写真と僕の解説をいれてお届けします。

写真は、中標津の夕焼けです。一本の木の奥に小さく見えるのが雄阿寒。そのとなりにおおきなへれべったいのが摩周岳です。 摩周というと、摩周湖があまりにも有名ですが、この山に登られた人はそんなに多くないと思います。 だって855メートルしかないわりに、登るのに時間がかかる。僕も、雪のない夏?に一度だけのぼったことがあります。友達と3人でのぼったことは覚えているのですが、その景色はすっかり。。。。。ワスレタ(汗)

いま、ガイドブックみると、片道2時間半。この山はトラバースしてあるくので、帰りも2時間半。5時間もかけていったのに、覚えていないということは、天気が悪かったのか、感動する風景でなかったのか?? むしろ、夏より、冬の裏摩周にいった思い出のほうが多いですね。それも年末年始に何回か歩いたりしていって、上でカップ麺たべた。裏摩周、いまも積雪期は、道路閉鎖して上にお店はありません。

ここで人気ブログランキング↓にクリックお願いします。

http://blog.with2.net/link.php?194734

阿寒の話しは次回にするとして、この撮影場所には、冬、よく友達に連れて行ってもらいました。ここで夕日見てから、温泉にもいったよなあ。

前回の写真の追加です。ここ↓があたらしくなっている開陽台。

DSC_0028050

右側にみえているのが、武佐岳。この山も3回?くらい登っています。

上に水はないし、上で寝るような山ではありませんが、その途中の非難小屋で一人で一泊させてもらいました。林道歩きが長いです。あとで友達がいいました。。あそこ、出るんだよ(笑) 帰りのためにマウンテンバイク持っていって、小屋に立てかけていたんですが、朝、何故か倒れていた。(◎-◎)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

○ 地球がまあるくみえる開陽台

DSC_0035057

18年3月1日 雨

3月になりましたね。あと確定申告も二週間でおわりとなりました。この時期にここ中標津にいったことは、過去一回だけあります。今回は中標津に横浜から移住ほやほやのOさんの写真をアップしております。この展望台を知ったのはいまから27年くらい前にさかのぼります。北海道の帰りに札幌藤井大丸さんでとらべるまんの北海道という手書きのガイドブックをみつけました。その記事を紹介します。

道東にひろがる大根釧原野の北端、知床山系の裾野の一端にあたり、まさに360度の展望をこころゆくまでじっくりと味わえる展望台です。そして何よりうれしいのは、なんと無料の望遠鏡が備えつけてあるのです。東には野付半島越しに海をへだてた国後島の山々、南には根室市の町並が一軒一軒鮮明に、そしてあのだだっ広い根釧原野が。ある場所は整地された耕地に、ある場所は森に、またある場所は原野そのままにと、とにかくお弁当を持って出かけて下さい。丘の上にねそべる牛の群れや、サイロが2つ、赤い屋根をしてあなたをまっています。

ここで人気ブログランキング↓にクリックお願いします。

http://blog.with2.net/link.php?194734

国後です ↓

DSC_0023045

この展望台、僕が通い始めてから二代目になって、綺麗になりましたが、無料の望遠鏡はそのままですし、風景もかわっていません。こんなに近くで外国見れるのですよ。

運が良ければ、水平線でなく、見えるのは地平線です。北海道のなかでも一番北海道らしいところかもしれませんね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »