« ハリストス正教会 はるばる北で函館~ | トップページ | 夕焼け 摩周と雄阿寒 »

○ 地球がまあるくみえる開陽台

DSC_0035057

18年3月1日 雨

3月になりましたね。あと確定申告も二週間でおわりとなりました。この時期にここ中標津にいったことは、過去一回だけあります。今回は中標津に横浜から移住ほやほやのOさんの写真をアップしております。この展望台を知ったのはいまから27年くらい前にさかのぼります。北海道の帰りに札幌藤井大丸さんでとらべるまんの北海道という手書きのガイドブックをみつけました。その記事を紹介します。

道東にひろがる大根釧原野の北端、知床山系の裾野の一端にあたり、まさに360度の展望をこころゆくまでじっくりと味わえる展望台です。そして何よりうれしいのは、なんと無料の望遠鏡が備えつけてあるのです。東には野付半島越しに海をへだてた国後島の山々、南には根室市の町並が一軒一軒鮮明に、そしてあのだだっ広い根釧原野が。ある場所は整地された耕地に、ある場所は森に、またある場所は原野そのままにと、とにかくお弁当を持って出かけて下さい。丘の上にねそべる牛の群れや、サイロが2つ、赤い屋根をしてあなたをまっています。

ここで人気ブログランキング↓にクリックお願いします。

http://blog.with2.net/link.php?194734

国後です ↓

DSC_0023045

この展望台、僕が通い始めてから二代目になって、綺麗になりましたが、無料の望遠鏡はそのままですし、風景もかわっていません。こんなに近くで外国見れるのですよ。

運が良ければ、水平線でなく、見えるのは地平線です。北海道のなかでも一番北海道らしいところかもしれませんね。

 

|

« ハリストス正教会 はるばる北で函館~ | トップページ | 夕焼け 摩周と雄阿寒 »

「北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36467/8900030

この記事へのトラックバック一覧です: ○ 地球がまあるくみえる開陽台:

« ハリストス正教会 はるばる北で函館~ | トップページ | 夕焼け 摩周と雄阿寒 »