« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

キャンプ地は雪の中~

Rimg0236

18年6月24日その2 晴れ

キャンプ地はどこ???? 毎年6月の中旬すぎに白山の南竜(なんりゅう)キャンプ地にはいるのですが、hpなどの情報通り、今年はすごく雪多かった。例年だと、部分的にキャンプ地の土が見えているのに、今年は、まだまだ。。 この写真の右側にほんの少しだけ高い場所があり、その部分に土が見えていたので、テントを設営しております。白山では、この南竜のキャンプ地だけが公式にキャンプ地と指定されており、その他の場所はだめとなっています。 このキャンプ地でもキャンプ指定場所があるのですが、この雪。他のバーティーのグループは、雪の上にテントを設営されていました。 となりのテントの方は、食料をこの雪の中に埋めて行かれたつもりだったのですが、僕がテントを設営するころには、すっかり、むき出しになり、ビールとソーセージが丸見え(笑)

ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

南竜にくるには、別当出合から万才谷をこえなくてはなりません。例年だと万才谷の雪渓がとけて、川になり、その雪渓と川を渡るのが怖いのですが、今年は雪がありすぎて、川の上に雪渓がいっぱいあったから、楽チン~。 写真下は、その万才谷の雪渓です。

Rimg0231

上からスキーでおりてきたら気持ちいいだろうなあ。。実際、この日と次の日にも、スキー板担いで、登山されている人、何人か見ました。 いまは、この雪渓の下に川が流れていて、きっとこの雪渓下るのこわいと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別当出合道路開通したて 

Rimg0227

18年6月24日 晴れ

前日、すごく★きれいでしたよ。白山、市ノ瀬には民家はなく、ビジターセンター関係施設と永井旅館さんだけですから。  いつものように金曜日夕方からでかけております。写真は、道路が開通した別当出合の登山口から3時間半くらいかな。奥に見える山は、別山(べっさん)です。今晩の僕の寝床である南竜(なんりゅう)は、この登山道の裏にあります。今年は雪多くて、結構大変だったかも。特にアイゼンもストックもピッケルもなく、運動靴みたいなのであがってこられてた方は、ここにくるまでになんどもこけそうになりながら、そして、この景色のいい手前であきらめて帰られていました。 やはり、山は、道具がものをいいますねえ。

ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

下の写真、真ん中あたりに赤い屋根が見えていると思います。ここがじんのすけ非難小屋です。僕が登ってきた雪渓はこの手前でなく、その右側に隠れています。

Rimg0226

ここからみると緩い斜面に見えますが、それなりに怖いと思いますよ。特にくだりは。。来年は、アイゼン持って遊びに行きたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠音別の”見返りキツネ”雪渓

Onnebetsuzaurusu

18年6月22日 雨

やっと関西も梅雨らしくなりましたね。北海道には、梅雨がないといわれていますが、道東に関しては、蝦夷梅雨みたいなものありますよね。 中標津の友達になんか写真ない?ってねだっておくってもらった写真がこれです。 まず、遠根別とかいておんねべつと呼ぶそうです。雪渓、何に見えますか? 見返りキツネといわれているそうですが、カンガルーかな・? 

ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

さ、週末です。白山道路崩壊通行止になっていましたが、今日石川県の土木事務所に電話して聞いた話では、金曜日14時に道路を開放するようです。hpにも掲載されてありました。 となれば、いくしかないでしょう。。ナンデダロウ。。。(笑) 今年は例年より雪渓多いみたいですので、万才谷の雪渓をおりられるかどうか、ちょっと心配かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もりあおがえる プライベート池で

Rimg0210

18年6月18日 曇りときどき晴れ

珍しく、ほんと珍しく、久しぶりに、土曜日は家で寝ました。おかげで山の道具メンテナンスもできて、次の週末準備オーケーですよ。

さて、6月といえば、ホタルの季節です。が、見てきたのですが、写真にはうまく写せません。今回の写真は、2週間前にもりあおがえるが産卵した部分を写しております。同業者の税理士さんの実家のプライベート池の上に、何の木か忘れましたが、このようにあります。すぐ裏は山でして、この山から夕方産卵にもりあおがえる君はやってくるようです。ネットでちょっと調べてみましたが、みなさん、もりあおがえるファンが多いみたいで、hpとか作られていたりしますが、僕は、この時期だけ思い出す。ここでバーベキューしてたのですが、誰だっけ?もりあおがえるがよくこの産卵場所わかるなあって。。そらわかるでしょう、自分が生まれた場所なんだから。

ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

下の写真よく見て頂くと、ほら、オタマジャクシがいるでしょう。

Rimg0208

また、来年、遊びに来ますと、もりあおがえるのオタマジャクシ君にも挨拶して帰ってきました。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白山道路崩壊通行止

Rimg0189

18年6月11日 曇り

前の日、市ノ瀬でキャンプして別当出合まで舗装道路を歩いて2時間。今年は雪が多かったため、道路崩壊があり、いまもまだ道路補修のため通行止めとなっております。ここの橋げたは、室堂からの下山者のために取り付けられました。この橋のまえには、通行禁止?の看板があり、この橋には、通行するならここが危険だからって、はってあるんですね。まあ、自己責任でいって下さいということです。

ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

Rimg0199

hpなどでの道路情報によると6月下旬に通行解除となっており、土木事務所に電話して聞きますと、目標はその前の24日週末に間に合わせたいということでした。ただ、23日にならないとわからないということです。 いこうかなあ。。でも、もし、まだ解除されていなければ、市ノ瀬から2時間余分にかかるわけですよねえ。悩むよなあ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンベルムーンライトとタープ

Rimg0176

18年6月10日 曇り

買いました。モンベルのタープ。ヘキサータイプです。この前九州に行ったとき、暑くて暑くて、テントにタープをかけておられて、涼しくお昼寝されていた方を見て、ほしくなりました。一人でもできるのかな??って思って、ネットで調べていたら、先にぺぐを予想?して打っておくと、簡単にできそうでした。実際、なれたら、これ一人でも簡単ですわ。僕で、20分くらいかな。しまうときに、思ったのですが、これ、雨がふっていたときも便利なのですねえ。だって、テント回収するときも屋根の下なわけだから。

ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

Rimg0173

土曜日朝の白山市ノ瀬キャンプ場です。だあれもいない。。。金曜というか土曜日になってからここキャンプ場について、モンベルムーンライトを設営。名前の通り、月明かりでも十分というか、もう何年もつかっているので、暗闇でも設営できますねえ。この日の土曜日は4人でバーベキュー楽しかったな。 土曜日の夜は、もう一張りテントがあっただけの市ノ瀬キャンプ場です。キャンプ代払いたかったけど、誰もいないんだもん。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コバルトブルーだけど赤川温泉~

Rimg0156

18年6月4日 晴れときどき曇り

山から下りるときに、考えているのは、ご飯のことと温泉のことだけ。ただ、今回は、坊がつるキャンプ地のとなりに法華院温泉があり、2日ともはいっていたため、下山時には、あんまり頭の中には、イメージなかったのですが。。。一年ぶりの赤川温泉。昨年、北海道でしりあった人と一緒に行って、すっかりファンになりました。冷泉ですが、加温されている湯と冷泉そのままの2つの湯船があります。そして、ここも源泉かけ流しでもあります。写真は、露天風呂にはいっておられた登山者の人にお願いして、モデルさんしてもらいました。手前が加温してあり、その奥は、26度の源泉そのままです。

ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

含二酸化炭素・硫黄・カルシウム・硝酸塩冷鉱泉(硝化水素型)というそうです。

Rimg0157

この奥の露天風呂は、男女混浴となっております。男性も女性も冷たいせいもあってはいっておられませんが、最初に足いれると、なれてきて、そのあとは動かない限りは、それなりに温泉気分もあります。温冷浴法で入浴されるのがいいと思います。

Rimg0165

宿は一軒だけ。綺麗にかざってある小さな温泉旅館さんでした。日帰り入浴は500円。山が登れない人は、ここでのんびりされるのもいいと思います。内風呂は、硫黄が強いため、ガス中毒防止として浴室の窓を開けてありました。アルカリ単純泉のようなつるつる感はありませんが、温泉あがっても、服ににおいが残ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう何年目だろう坊がつるキャンプ

Rimg0138

18年6月3日 晴れ

ミヤマキリシマとの出会いは、もう10年以上のつきあいとなります。毎年6月最初の週末狙って出かけています。天気は、予想に反して、晴れてくれました。が、事前情報どおり、ミヤマキリシマの時期には、少しはやく、まだ山の上は満開とはなっておりませんでしたし、花の周りというか、登山道にも虫がいっぱい。あと、一週間待っても、昨年の山がピン色には、とてもとても。。で、今年は、平治岳でなく、大船(だいせん)に登ってきました。写真は、頂上から、キャンプ地である坊がつると三俣山を写しております。

ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

それでも、坊がつるのキャンプちは、土曜日夕方みたら、50張り程度かな。そう、今シーズン、初めての山の中で寝てきました。

Rimg0154

無料なのがいいですよねえ。ただです。ここ。ただ湿地帯でして、雨がふると、この写真の草地は、みごとにべとべととなります。雨がふらなければ、マットなくても大丈夫でしょう。このキャンプちでは、モンベルのテントが一番人気でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »