« もう何年目だろう坊がつるキャンプ | トップページ | モンベルムーンライトとタープ »

コバルトブルーだけど赤川温泉~

Rimg0156

18年6月4日 晴れときどき曇り

山から下りるときに、考えているのは、ご飯のことと温泉のことだけ。ただ、今回は、坊がつるキャンプ地のとなりに法華院温泉があり、2日ともはいっていたため、下山時には、あんまり頭の中には、イメージなかったのですが。。。一年ぶりの赤川温泉。昨年、北海道でしりあった人と一緒に行って、すっかりファンになりました。冷泉ですが、加温されている湯と冷泉そのままの2つの湯船があります。そして、ここも源泉かけ流しでもあります。写真は、露天風呂にはいっておられた登山者の人にお願いして、モデルさんしてもらいました。手前が加温してあり、その奥は、26度の源泉そのままです。

ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

含二酸化炭素・硫黄・カルシウム・硝酸塩冷鉱泉(硝化水素型)というそうです。

Rimg0157

この奥の露天風呂は、男女混浴となっております。男性も女性も冷たいせいもあってはいっておられませんが、最初に足いれると、なれてきて、そのあとは動かない限りは、それなりに温泉気分もあります。温冷浴法で入浴されるのがいいと思います。

Rimg0165

宿は一軒だけ。綺麗にかざってある小さな温泉旅館さんでした。日帰り入浴は500円。山が登れない人は、ここでのんびりされるのもいいと思います。内風呂は、硫黄が強いため、ガス中毒防止として浴室の窓を開けてありました。アルカリ単純泉のようなつるつる感はありませんが、温泉あがっても、服ににおいが残ります。

|

« もう何年目だろう坊がつるキャンプ | トップページ | モンベルムーンライトとタープ »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36467/10405499

この記事へのトラックバック一覧です: コバルトブルーだけど赤川温泉~:

« もう何年目だろう坊がつるキャンプ | トップページ | モンベルムーンライトとタープ »