« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

投稿のテスト(BlogPet)

うまく投稿できるかな?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「サミ」がテスト投稿の為に書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンベルムーンライト修理 シームテープ

Rimg0343

18年7月30日 曇りときどき晴れ

僕のブログに来て頂いている方の半分は、僕の友達なのですが、あとの半分の人は、検索から間違って?来られます。(笑) 一番多いのが、モンベルムーンライトの単語です。一日平均3人くらい来られています。 で、たまには参考になることも書かせてもらいましょう。このムーンライト3型は、もう、20年くらいは使用していると思います。この当時、モンベルさんは、山岳テントはなかって、ほかのテントより少し安かったと思います。その分、重いし、さして必要でないところは、手を省いた作りになっています。

 ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

写真は、シームテープと言いまして、針の糸部分の防水のために使います。フライシートの縫い合わせ部分にシームテープがはがれてきていたので、ヤフオクでシームテープを買ってアイロンでくっつけているところです。下の写真をみてもらえば劣化していることわかると思います。その劣化しているシームテープをはがして、そのあとにシームテープを置き、アイロンかけると透明となります。この古いシームテープがはがすのがたいへんだったのですが、実は。。。

Rimg0338

この古いシームテープでも、ゴミとかがなければ、このままアイロンかけたらちゃんとまた透明になって圧着されました。気になる部分は、その上から、また新しいシームテープくっつけちゃいました。下に比較写真いれてますが、わかりますか?

これが完成した部分↓

Rimg0341

左側はまだの部分で、右側の部分は、アイロンをあてている途中の部分。

Rimg0342

こんな暇なことするのが面倒な人は、買った方が新しくなって気持ちいいですよ。

ただ、このテント、グランドシート部分の四隅にシームテープも目止めもされていなかったので、さっそく目止めしておきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

止別駅はいま? 

Dsc_0029871

18年7月30日 曇りときどき晴れ

この週末、信州、北陸方面の梅雨が明けていないので、山はお休み。先週中標津の友達がおくってくれた写真をアップします。写真は、釧網線(一発で変換しろよな)(せんもうせん)のやんべつ(やむべつ)駅ホームです。 当然のことながら、線路は一本。この駅ではすれ違いできません。 懐かしいなあ、北海道には、このようなホームがいっぱいあったのになあ。 

 ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

前にまわって駅舎を見ると、ラーメンやさんになっております。普通の人はこの駅にはおりないけど、いまから25年くらい前までこの駅の近くに旅人民宿があって、その僕も、この駅におりて、泊まりに行ったことを思い出します。てるてる坊主という旅人民宿でして、その話がニセコのアワグラスさんのお客さんででたら、他の人で知っている人は初めてやと言われてしまった。(汗)いまはどうなっているのか知りませんが、当時、食事代が原価計算方式なのですよ。宿代はいくらか忘れた。(汗)

Dsc_0028870

この時代、いろんな変わった民宿多かったです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

★ 五色ヶ原は夢の中~ 

Rimg0316

18年7月14日 曇りのち晴れ っていうのかな

ここ関西も今日27日は暑かった。 ほんの一週間ほど前は、涼しかったのに~。

五色ヶ原といえば、北海道の大雪でしょうと思っていたら、ほかにもあるのですね。去年は、立山の五色ヶ原に行ったし。 写真は、下山の日の大雪五色ヶ原、標高1700メートル付近です。もっともっと昔の写真見ると、このような景色ばっかりだったけど、地球温暖化かどうかわかりませんが、ここ五色ヶ原も笹やハイマツが目立ってきました。年々ですわ。高山植物も減ってきたせいもあるかもしれませんが、この登山ルートも以前ほど、日帰りの登山者も減ってきているような気がします。実際、この日は、あがってくる登山者は一組だけ。下山に二人しか会わなかったのですよ。 

 ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

もう少し、標高下げてくると、このように天気回復してきておりますが、トムラ方面はガスの中~。山には入るときには、見えていなかった木道や川が出てきています。ここでも休憩して、この川の水いっぱい飲ませてもらいました。え?また、エキノコックスの検査しなくっちゃ。 

Rimg0318

この夏、大雪も、全てテント生活してまして、非難小屋には休憩にいっただけ。非難小屋には、団体やグループの登山者が利用されており、個人客の登山者やソロの人は、テントを利用されていたように思います。小屋利用して、最後にきれいに掃除していくのは、若い男の子だったのが印象的でした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エゾタカネスミレ 小泉岳では

Takanesumirehasse

18年7月13日 

13日の同じ日に、中標津の友達と和歌山のあ**さんは、高原温泉から小泉岳にのぼっていたのですねえ。中標津の友達から写真送られてきてので紹介します。手前に咲いている黄色い花は、エゾタカネスミレ。石がごつごつしたところに咲いています。お花を見れば、茶色のおひげが書いてありますので、すぐスミレとわかります。写真にコントラストがあるのは、フィルムをスキャニングしているからだと思われます。6×6サイズといえば、ハッセルしかないでしょう。もう少し花に寄りたいところですが、最短距離の関係もあっって難しいかも。広角使えば、こんどは山が小さくなるでしょうし。

前日、中標津の友達は高原温泉で寝ていて、風強かったといってました。そらそうでしょう。ヒサゴもきつかったし、それ以上に山の稜線のテントエリアはたいへんだったそうで。今回は、高原温泉のお風呂はいれなかって、残念。高原温泉の宿は、そんなに好きじゃないけど、温泉は大好きだから。

 ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

皆さんのほうがよくご存じのウスバキ蝶。氷河期の生き残り生物だそうで。僕もみたことあると思うけど、そんなに感動しないですよ。昆虫マニアさんでもなければ。

Usubaki

引っ張って、引っ張って、大雪シリーズ続けましたが、あと一回でこの夏大雪シリーズは終わります~。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

化雲(カウン)のへそ

Rimg0305

18年7月13日 の続き  雨のち曇りときどき晴れ、ガス

まあまあ晴れてはいるんだけど、トムラは見えないし、青空も部分的。散歩にはちょうどいい天気なんだけど、写真撮影としては、あまり気がのらなかった一日でもあります。ここ何日かの写真をみてもらえばわかると思いますが、登山者が写っていませんよね。別にわざとさけているわけでもなんでもありません。いないんですよ、登山者が。写真の上に見えているのが、化雲岳で1954メートル。カウンのへそと呼んでます。手前に咲いているのは、皆さんご存じのチングルマ。登山道は右側高山植物の中歩いていきます。

 ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

え?チングルマかどうかよく解らない?? こんな写真のほうがお好きですか?

Rimg0300

ピンクの花は、エゾノツガザクラ。本州には咲きません、北海道固有です。本州で咲いているのは、アオノツガザクラです。ちなみに、花と書きましたが、ツツジ科でして、常緑の小低木です。森林限界こえると、木は生えていないといわれますが、この花も木なんですよねえ。

Rimg0312

僕は、やっぱりこのような写真のほうが好き~。 化雲岳からの景色です。足元にも高山植物さいてるのですよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ヒサゴ沼にテント水没~ 

Rimg0314

18年7月13日 雨のち曇りときどき晴れ、ガス

前日の12日は、台風が朝鮮半島からカムバックしてきたような感じで、すごく風吹いてお りました。12日は雨で、テント設営は4張り。そのうち2張りは無人のようでした。その無人のテントが次の日おきてみると、あれ??ヒサゴ沼になんかぷかぷか浮いていますねえ。写真は、夕方写したものですが、朝からテント浮いていました。調べたら、張り縄のあとはなく、フライシートのゴムにペグがうちつけられていて、そのゴムが強風でちぎられてありました。4カ所。え?僕のテントは、張り縄できっちり固定してあったので、もちろん無事です。でも、前日は、風強くてテントがぱたぱたずうっといってました。あとで知ったのですが、南沼キャンプ地では、テントから全然出られなかったそうで。

ここの風景、テント浮いてなければ、もっと真剣の撮影したのに(笑)             

一番奥に見えている三角の山は、ニペソツ山です。日本200名山。 

 ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

ヒサゴ沼非難小屋も団体パーティーがはいってこなくて、十何人かだったようです。この次の日もキャンプサイトすくなかったな。 この日は、日本庭園とカウンまで散歩にいくことにしました。 

Rimg0286この場所は、強風にも守られた。

写真下は、ヒサゴのテント場からトムラウシ方面にすこし歩いたところです。前の雪渓でなく、写真には隠れていますが、右側の雪渓をのぼっていくことになります。雪が硬いと、ちょっと怖いですよ(笑)

Rimg0288

沼の中のぞくと、サンショウウオが泳いでいました。         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

化雲(カウン)からのトムラウシ

Rimg0270

18年7月10日 晴れ だったけど ガス

前の日はとっても晴れてて、なかなか動く気がしなかった。朝、和歌山のあ**さんに3時すぎにおこしてもらったんだけど、ガス、ガス、ガス。真っ白。 こらあかんわと寝ていたら、テントが明るいではありませんか。あわてておきて写した写真がこれです。ただ、山はあんまり赤く焼けなかったかな。それと、ここ化雲(カウン)は、お花畑でも有名(だとおもっているけど)なんだけど、写真みてもらうとしろいのがぽつりぽつり。。。今年は花が少ないのか?まだ、これからなのか?? 

ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

この天気がよくて、トムラウシが全部見えてのはこれまでで、このあとは、トムラウシは僕が帰るまで、全てを見せてもらえませんでした。まあ、山とはこんなものですよねえ。チャンスは何回もこない。いつもいつもそうなのに、いつもいつもそれに気がついても、行動が伴わないのですよねえ。 

この下の写真ももっと写しておけば良かった。ちょっとピントが悪くてすいません。でも、珍しいのですよ。花の名前は、エゾノコザクラ。他のは、ピンクなんだけど、この花だけ白。花にも血液型があるならB型か?(ウソ) 初めて見た白のコザクラさん。どこに咲いていたかは、教えられません(笑)

Rimg0275_1

明日は、一日お出かけしてますので、大雪シリーズはあさって続くかも~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ホソバウルップソウとトムラウシ

Rimg0266

18年7月9日 晴れ 

一週間、山にはいっていました。 山に登られる方ならわかると思いますが、トムラウシは、北海道の大雪山系の山の一つです。前日の土曜日までは雨だったようで、日曜日は晴れ、それも、トムラウシが昼前から見えだして、気分的には、すごくのんびり登山してました。最初に晴れたので、フィルムカメラのほうには、力が入らなくて、この写真などは、すべてデジカメしか残っていない(汗) 写真は、沼ノ原登山口から数時間かけて登ってきた五色ヶ原から撮影しております。手前にある高山植物は、ホソバウルップソウでーす。北海道の方なら、いま、ちょうど里にももうすこしおおきなウルップソウがいっぱいさいておりますよね。この花は、下から咲いていきます。

ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

僕は、この五色ヶ原からのトムラウシが美しいと思うのですが、山の形としては、一般的なので、ぱっと見、トムラとわからないから下の写真のほうが好きといわれるカメラマンさんもおられます。というか、この場所で、和歌山のあ**さんとばったり(でもないけど)あいました。

Rimg0269

夕方16時ごろだったかな??手前の白い花は、エゾノハクサンイチゲです。五色ヶ原ではすっかり影がうすくなったハクサンイチゲさんですが、この神遊びの庭あたりには、それなりにいっぱい咲いておりました。 

今週は、大雪シリーズをアップしていきますので、お楽しみに~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

山ではアタリマエの夕焼けだけど 野付編

Notsuke1

18年7月6日 曇り

税理士さんは、いま源泉所得税の納付書をたくさん作っておられるはずですよね。住民税も定率減税が半分になっているから税金多くなっているし、商品の値段もじわじわ値上げされてきていますね。 フェリー代もあがっていましたよ。   

写真は、今週の火曜日、中標津の友達が野付にいってきて出会った写真です。きれいだったそうで。。。そら、この写真からでも十分味わってもらえると思います。野付がどこだかわからない人もいるようですので。クリックしてみてちょ。 山では天気のいいときは、こんな夕焼けあたりまえ~。  山なら朝焼けもきれいなのですが、小屋泊まりの人は皆さん寝ていますから、やはり、ここはテントするしかないと思いますよ。 

ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

野付がでたら、あれ?いまごろはえび祭り??そう、この前終わりました。これも別の友達がいってきたので、遅れながらですが、下に写真アップします。Cimg0900779

僕が行くときは、こんなチャンスはなく、いつも冷凍もの食べてます。野付産たかいのですよ、ロシア産より。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

蒲鉾工場見学ってそんなもの

Rimg0258

18年7月2日 曇りときどき雨のち晴れ

とうとう7月になりましたね。普通の人は、ぼちぼち山シーズンスタートされているころでしょう。僕は、この週末は、山準備してました。買い物に行くたびに、カップ麺とかチョコレートとか飴とか。。一週間分の食料や着替えも相当なものになります。 週末は、温泉いく前に昼ご飯はどうしよう考えていて、思いついたところがかまぼこ工場見学です。とうぜん、できたてのかまぼこも食べれるだろうから興味津々で行ったのですが。。。写真は、かまぼこ工場の隣の売店の二階です。こんなところに子供だったら、ほったらかしにしてもらってたら、うれしいんだろうなあ。この手前のところで女の子が一人でずうっとこのおもちゃで遊んでいました。右左とひもを引っ張ると、動物君が上に上がっていきます。

ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

Rimg0255

かまぼこ工場で一番気になったことは、お魚をどのようにすり身になっていくか。。     が。。が。。ですよ。 最初に説明聞いて、がっかり。。

   冷凍のすり身でこの工場      にくるんですって。 

え?え-。それはないだろう。 骨はどうするんだろうとか、頭は、さすがにとってからはいっているんだろうなあとか話ししてたのに。。。

切り身からなら、かまぼこがどのように作られるかだいたい想像つくやん。皆さんが、食べておられるかまぼこは、 全て冷凍物 なのですねえ。 ショック。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »