« 蒲鉾工場見学ってそんなもの | トップページ | ホソバウルップソウとトムラウシ »

山ではアタリマエの夕焼けだけど 野付編

Notsuke1

18年7月6日 曇り

税理士さんは、いま源泉所得税の納付書をたくさん作っておられるはずですよね。住民税も定率減税が半分になっているから税金多くなっているし、商品の値段もじわじわ値上げされてきていますね。 フェリー代もあがっていましたよ。   

写真は、今週の火曜日、中標津の友達が野付にいってきて出会った写真です。きれいだったそうで。。。そら、この写真からでも十分味わってもらえると思います。野付がどこだかわからない人もいるようですので。クリックしてみてちょ。 山では天気のいいときは、こんな夕焼けあたりまえ~。  山なら朝焼けもきれいなのですが、小屋泊まりの人は皆さん寝ていますから、やはり、ここはテントするしかないと思いますよ。 

ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

野付がでたら、あれ?いまごろはえび祭り??そう、この前終わりました。これも別の友達がいってきたので、遅れながらですが、下に写真アップします。Cimg0900779

僕が行くときは、こんなチャンスはなく、いつも冷凍もの食べてます。野付産たかいのですよ、ロシア産より。。。

|

« 蒲鉾工場見学ってそんなもの | トップページ | ホソバウルップソウとトムラウシ »

「北海道」カテゴリの記事

コメント

大雪は、土曜日まで雨だったようで。。知床はまずまずだったのですね。大雪はこの時期、アイゼンなしで十分ですが、ストックはあったほうが便利ですよねえ。一カ所だけほんの3メートル程度、雪渓ちょっとだけ怖いとこありました。僕は90リッターのザックといっても、登ってしまえば、あとは、30リッターのサブザックでのんびりすごしているんですから。。

投稿: かちょう | 2006.07.18 18:49

かちょうさんも北海道だったんですね、“トムラウシ”私も大好きな山のひとつです。
お天気ですが、スカッとした青空にはならなかったけど知床方面の天気はそんなに悪くはありませんでした。
今年の知床は、半島の羅臼側の雪渓がすごい!南向きなのにね。沢登りに行っているのに雪渓登りになってしまいました。羅臼コースの夏道も雪渓で埋まっていて、軽アイゼンでもないと登りは何とかなっても下りは危険な登山道となっていました。

かちょうさんの90Lザック、私には無理です。垂直を登る身としてはなるべく重量は軽くしたい。

投稿: mar | 2006.07.18 12:55

僕が写した写真でないのが悔しいけど。。(汗) 今年の大雪は昨年ほど雪なかったけど、花は少なめだったような気がします。天気、日曜日に回復しましたが、まにあいましたか?

投稿: かちょう | 2006.07.18 12:00

かちょうさん、こんにちは。いい夕焼けですね。
左端が斜里岳で中央が海別岳、いつもはこれらの山をオホーツク海側から見ているので、この配列は新鮮に感じます。

知床の山は、高くても1660m。だけれども、沢はまだまだ雪渓がびっしりみたいです。今週末、羅臼のモセカルベツ川を遡行して知床連峰のメジャールートを縦走します。
2泊3日、この写真のようなきれいな夕焼けが見えたらいいのだけどな~。

投稿: mar | 2006.07.13 18:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36467/10809649

この記事へのトラックバック一覧です: 山ではアタリマエの夕焼けだけど 野付編:

« 蒲鉾工場見学ってそんなもの | トップページ | ホソバウルップソウとトムラウシ »