« 根室産サンマ | トップページ | 大雪☆愛山渓から3回目の登り »

空が低い北海道

Rimg0706

18年9月20日 雨のち晴れ

天高く馬肥ゆる秋 といいますね。 この写真は北海道ではもう秋風が吹いてきて、すっかり秋なのに、空はまったく高くなく、それどころか低いくらいです。北海道を旅していたときに、北海道の空は低いのと違う?という話しになったのですが、それが科学的にどうしてなのかまで考えたことはありませんでした。

普通は、夏の空気のほうが暑いから膨張して、空が高くなり、冬はその反対と言われています。それなのに、このことわざのように秋が高いと言われるのは、どうも秋が視界がよくなるからだそうです。

写真は中標津(なかしべつと読むのですよ。なかひょうつではありません。)で台風がさった後の道路からです。何気なく、放牧の牛さんも見られます。

ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

この写真の場所は道外の人にはわからないだろうなあ。バイクで走っている人ならわかるかな。

Rimg0709

弟子屈(てしかが)で買った弁当をここで食べながら、明日の大雪の紅葉のことを考えていました。

|

« 根室産サンマ | トップページ | 大雪☆愛山渓から3回目の登り »

「北海道」カテゴリの記事

コメント

屈斜路湖くらいはわかると思うけど、この場所がわかるかな?

投稿: かちょう | 2006.10.01 10:24

屈斜路湖かな?

投稿: o氏 | 2006.09.30 22:07

この道はそう、計根別から虹別方面でーす。この道の下の場所わかりますか?

投稿: かちょう | 2006.09.30 20:48

この道は当幌から虹別あたりでしょうか?

投稿: 0氏 | 2006.09.30 18:28

何処だろう?
中標津標茶線だろうか?
とのかく、そのへんは10Km以上の直線で“止まれ”の標識も“信号機”もないなんていう場所はザラにあるもんね。

私的には国道244号線の根北峠~標津にぬける直線が好きだな。

投稿: mar | 2006.09.30 09:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36467/12089140

この記事へのトラックバック一覧です: 空が低い北海道:

« 根室産サンマ | トップページ | 大雪☆愛山渓から3回目の登り »