« ナラワラの夕陽 | トップページ | 雪にみえる やまならし  »

大宰府天満宮の春だより

_dsc0004j

19年2月11日 曇りときどき晴れ

世間は、三連休の人も多いでしょう。個人事業主の方は、2月の商売が暇なときに、いま確定申告に向けて帳簿をされている人も多いと思います。 日本は、縦に長くて、北海道では、まだまだ冬だよりが聞こえてくるのに、九州あたりでは、春の梅だよりが友達から届きました。 

大宰府天満宮の春をお届け。午後自転車で大宰府に行ってきました。3.5kmの距離です。相変わらず観光客が多かったです。梅も4部咲きといったところかな、結構咲いていましたよ。

ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

春を感じる錦鯉、境内の池で泳いでいる写真です。

_dsc0011j

僕が小学校に入る前くらいまでは、家の実家にも鯉飼ってたんですよねえ。小学校に寄付したのも覚えています。いま、小学校で鯉なんて泳いでいないでしょう?

|

« ナラワラの夕陽 | トップページ | 雪にみえる やまならし  »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

伝説なのでしょう? このころは、京都が日本の中心だったんだわね。

投稿: かちょう | 2007.02.15 22:42

この梅、いわゆる「東風吹かば~」の"飛梅"ですよね?京都から飛んできて1100年・・すごい!ま・さ・に・御神木!見てみたいな。

投稿: mataochi | 2007.02.15 11:04

梅のころは仕事で一度も撮影に出かけられない。(汗) 京都ももうすぐ梅の季節でしょう。

投稿: かちょう | 2007.02.12 20:36

梅に春を感じますね 京都の天神さんには鯉はいないと思ったけど 恋の成就にかけてんのかしら 江戸の頃から学問の神さんでは有名ですがね・・・

投稿: himawari | 2007.02.11 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36467/13867565

この記事へのトラックバック一覧です: 大宰府天満宮の春だより:

« ナラワラの夕陽 | トップページ | 雪にみえる やまならし  »