« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

小森温泉 25年5月 大山登山の帰り 岡山県

Dscn0670_800

25年5月27日 曇り
 

今週から関西も梅雨に入りそうですね。 先週の鳥取大山登山帰りに寄り道してよってきた温泉を紹介いたしましょう~。

ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

Dscn0671_800加古川の税理士さんから一度いってごらんと教えてもらいました。  沸かし湯ですが、アルカリ性単純温泉なので、西日本としては珍しいぬるぬる系です。

入浴料は550円。 入り口には、営業中とかいてあっても人はいません。中に入り、スリッパで廊下を歩いて行くと、受付があります。貴重品用のロッカーを借りるために保証金1000円が必要です。
Dscn0673_800


Dscn0674_800


Dscn0681_800


Dscn0682_800


15時ごろに行ったのですが、ちょうどお客さんがいれかわりたまたま湯船が空きましたので、写真を写しております。Dscn0683_800
施設も古いし、そんなに清潔感があるわけでもないので、一般の人にお勧めする温泉ではありませんが、泉質にこだわりがある人なら行かれても後悔はないと思われます。

湯船は二つで左側があつくて、右側のお湯は温めです。

女性客はみませんでしたので、家族連れでいかれるなら、もう一つある小森温泉がいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伯耆大山25年5月スタート

Dscn0668_800

25年5月21日 晴れ

同業者の税理士の皆様、3月決算法人のめどがつきましたか~?

まだめどがついていなかった先週末に鳥取伯耆大山に夜行日帰りしてきました。

ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

Dscn0656_800Dscn0663_800


週末に近づくにつれ、天気がいい方向に変わってきたので、友達と金曜日の夜車を走らせました。 深夜0時をまわって高速おりて1900円。

登り3時間、下り2時間のスポーツ。

この日は、団体が例年より多かった。  もち、山でカップ麺いただいて、そのあとは温泉に。

続く。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

櫻正宗記念館で食事 神戸東灘区魚崎

Dscn0626_80025年5月19日 曇りのち雨

オーキッドコート住吉に仕事をかねてよったときに、お昼いただいたご飯がこれです。

ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

Dscn0620_800東灘区魚崎は、酒造会社がならんでいる地区です。
その一つに櫻正宗がありました。ランチの値段は、ごちそうになったので忘れた。

Dscn0627_800


Dscn0621_800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーキッドコート住吉に行ってきました。 神戸市東灘区

Dscn0617_80025年5月16日 晴れ

2日ほどまえからぐっと暑くなってきましたね。 今日は事務所の石油ファンヒーターの片付けもしてました。昨年は、GW前に片付けしたのになあ。

ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。


Dscn0611_800_2神戸に住んでおられる税理士さんから神戸市東灘区が、神戸税務署でなくて芦屋税務署だということはアタリマエでしょう。
そうなんです、ここはちょっとお金持ちが多い地区ですね。このマンションにはいるには、オートロックでなくて、24時間受付の人に取り次いでもらわなくてはなりません。
Dscn0616_800GWあけにいけば、ちょうどツツジの季節。この公園にみえる公園は、このマンション専用です。他の人は入れません。平日の昼間、老人も子どももいなくて、静かでした。天気もいいので、ここで弁当でも食べてもいいのでしたが、ここの住人になられたお客さんにお昼ごはんを連れて行ってもらいました。
Dscn0613_800




続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW 北海道は寒かった 平成25年

Dscn0584_800

25年5月11日 曇り時々雨

まだ知床横断道路は開通していないようですね。 今年は関西も寒かったけど、北海道はもっと寒かった。

ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

Dscn0587_800夏タイヤで出かけた北海道。

道内の高速道路でチェーン規制があり、チェーン規制待ちして、中標津に入りました。


Dscn0569_800羅臼からの知床横断道路のゲートがトップの写真です。
道東というか、道内では、雪解けとともにこのように春が感じられますが、道内の人にとってはアタリマエの風景。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »