« 冬の開陽台は寂しい | トップページ | 長万部名物 かにめし »

帯広 豚丼 ぱんちょう

P1030039_1280

31年1月3日 曇り

中標津を朝でても、列車となると一日では姫路に帰れません。 夕ご飯を食べようと思えば、せいぜい函館までです。 今回は、お昼も食べたかったので、帯広になりました。 

ここで人気ブログランキングにクリックお願いします。

13時をまわっていても小さなお店は満席です。 
この豚丼は、1100円です。 周りのお客さんを観察していると、アジア系外国人のグループが2組。 隣に座られた日本人の人でも帯広の人ではありませんでしたわ。

P1030037_1280

炭で焼かれた豚丼は美味しいのですが、給仕の定員さんの服装がレトロですよ。

P1030040_1280

|

« 冬の開陽台は寂しい | トップページ | 長万部名物 かにめし »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帯広 豚丼 ぱんちょう:

« 冬の開陽台は寂しい | トップページ | 長万部名物 かにめし »